勝ち点11で16位の大宮は25日、同10で17位の広島と対戦する(18時30分・Eスタ)。試合を翌日に控えたチームは24日、さいたま市内で完全非公開の練習を行った。

 練習後、取材に応じた伊藤監督は「勝つか負けるかで流れが変わる大事な試合。前節の新潟戦と今節は大きなヤマだと選手も感じている」と15位札幌の勝敗次第で降格圏を脱出できる一戦への意欲をにじませ、「広島戦は主導権をしっかり握ること。相手の攻撃に対応することも大切で、イニシアチブを取られたときに粘り強く守りたい」と試合を展望した。

 済州(韓国)から完全移籍で加入することが内定したマルセロについて指揮官は「実績は残している。チャンス...    
<記事全文を読む>