J1仙台の渡辺監督が、21日の天皇杯全日本選手権初戦で筑波大に敗れた翌日、クラブの公式インスタグラムで謝罪などの動画を配信した。Jリーグでは過去に例を見ない対応だった。

 58秒間の動画の中には「悔しい敗戦を喫してしまいました。大変申し訳ありません」などと頭を下げる場面もある。

 試合後に戻ったクラブハウスで、フロント幹部らと協議して配信を決めたという。仙台は昨年も初戦でJ3盛岡に2-5で大敗。23日に取材に応じた渡辺監督は「申し訳ないという思いを伝えたかった」と言葉少なに語った。

 動画に対し、インターネット上では「謝罪までは必要ない」といった意見が少なくない。配信を協議したフロント幹部は...    
<記事全文を読む>