試合終了前のラストプレー。FWイバルボから前線のエース豊田に絶妙なパスが供給されたが、シュート体勢に入る前に相手GKに阻止された。鳥栖は先制しながら仙台に追い付かれ、悔しい引き分け。終盤何度も好機をつくった豊田は「勝てると思っていた。今日は僕のミス」と悔しさをにじませた。

 前半は「うまく対策がはまっていた」とフィッカデンティ監督。中盤のMF原川、福田を状況に合わせて柔軟に位置変更しながら守備のバランスを保ち、相手の攻撃を最小限に抑えた。MF鎌田が左エリアでシュートを放つなど、前半終盤につかんだ攻撃のいい流れは後半早々に結実した。

 後半4分、「クロスの場面で、相手はトヨさん(豊田)を警戒...    
<記事全文を読む>