9戦ぶりの白星をつかみかけていた。だが、最後に落とし穴が待っていた。相手の猛攻をはね返そうとした松原の痛恨のハンドでPKを献上。決められたのは49分。5分間のロスタイムであと1分をしのげなかった。

 残留争いに巻き込まれないため、清水は割り切った。前半3分という早い時間に先制点を奪ったことも、戦い方を意思統一させた。低い位置でボールを奪うと、中盤を省略して前線へロングボールを送り込んだ。

 3試合ぶり先発のDF二見は「最終ラインを相手に下げさせられてしまったが、守りきれる手応えはあった。勝てればだいぶ楽になったが」と降格圏との勝ち点差を広げられなかったことを悔やんだ。

 小林監督は「攻撃が単...    
<記事全文を読む>