サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦(13日・テヘラン)に出場した日本代表DFの昌子が15日、鹿島の練習に合流した。最終予選初出場だった昌子は「シリアの時は全然(駄目)だったが、(気持ちを)切り替えてやれた」と振り返った。昌子は7日に国内で行ったシリアとの親善試合でセンターバックでフル出場。しかし、持ち味を発揮できずに1失点に絡んでいた。イラク戦には「普段から自分を見てくれている鹿島サポーターの期待に応えるプレーをしたかった」と言う。試合は1-1の引き分けに終わったものの、スピードを生かしたカバリングや空中戦で強さを見せ「うまく持ち味を出せた」とうなずいた。代表での定...    
<記事全文を読む>