仙台市宮城野区の仙台うみの杜水族館で、サッカーJ1ベガルタ仙台との初のコラボレーション企画が行われ、チームカラーの黄金色の熱帯魚などが来場者の目を楽しませている。7月8日まで。

 クラブの本拠地ユアテックスタジアム仙台(泉区・ユアスタ仙台)やマスコットキャラクター「ベガッ太」をイメージして構成した水槽や、クラブ所属の石川直樹、三田啓貴、佐々木匠の3選手がプロデュースした水槽を展示している。

 17日は、ベガッ太とイルカが共演するパフォーマンスも実施。ベガッ太の指示でイルカがジャンプなどの得意技を披露する。

 期間中、仙台の試合観戦チケットの半券や年間チケット、ファンクラブ会員証を提示すると入...    
<記事全文を読む>