びわこ成蹊スポーツ大(大津市)サッカー部の宮大樹選手(21)のJリーグ(J1)ヴィッセル神戸への入団が決まり、球団や大学関係者らが十二日、県庁で会見した。宮選手は「いずれは海外で活躍できる選手になりたい」と抱負を語った。

 宮選手は身長一八六センチ、体重八二キロと体格に恵まれ、体を張った守備や、利き足の左足での精度の高いキックが持ち味のディフェンダー。大学では一年時から活躍し、二〇一四年の全日本大学サッカー選手権(インカレ)の三位躍進などの原動力になった。

 宮選手は「身長を生かした守備でチームに貢献したい。必死に食らい付き、まずは出場時間を得たい」と意欲を見せた。同席した大学サッカー部の...    
<記事全文を読む>