宇賀神の記念すべき代表初日は、浦和のチームメートの遠藤らとともにランニングなど軽めのメニューで汗を流した。

 宿舎では昼食時に自己紹介し「初めましての選手が半分以上だけど『代表に来たんだ』という雰囲気を味わえた」とうれしそう。浦和時代に同じ左サイドだったユースの後輩・原口には「ここまで上り詰めるとはな」と言われたそうで「元気らしいなと。でも向こうが代表では大先輩なので」と笑顔で受け止めた。

 29歳の苦労人。自身はラストチャンスと捉えているだけに「監督のやりたいサッカーを感じながらやること。対人やゲーム形式だったり、練習からガンガンいきたい」と意欲的。安定した守備からの果敢な攻め上がりを武...    
<記事全文を読む>