勝ち点7で最下位の大宮は4日、同18で10位の鳥栖とホームで対戦する(16時・NACK)。試合を翌日に控えたチームは3日、午前10時30分からさいたま市内で完全非公開の練習を行った。

 取材に応じた伊藤監督によると、練習ではウオーミングアップの後、紅白戦やセットプレーの確認に励んだ。就任後初のリーグ戦に臨む伊藤監督は「磐田戦は守備がベース。攻撃がベースになったとき何ができるか。どのようにアタッキングサードへ持っていけるかが次の課題」と鳥栖戦で重視する点を掲げた。

 新たなスタイルの積み上げを図る中で、「全員が集中してやってくれている。理解力が高く、選手がどういうふうに表現してくれるか」と手...    
<記事全文を読む>