勝ち点7で最下位の大宮は4日、同18で10位の鳥栖とホームで対戦する(16時・NACK)。チームは2日、高木サッカー場で全体練習を実施。5月31日の磐田戦に出場したメンバーは一足先に練習を締めたが、グラウンドに残って意見を交わす選手が多かった。

 ボール回しなどでウオーミングアップした後、11対11の戦術練習が行われ、主力組とみられるチームはこれまでと同様に「4―1―4―1」の布陣で戦い、1本目は長谷川がアンカーを務めた。瀬川、マテウスも主力組でプレーしたほか、新たな守備戦術に取り組む場面もあった。

 序盤に退場者を出す逆境の中、白星で初陣を飾った伊藤監督は「いい試練を与えてもらった。流れ...    
<記事全文を読む>