JリーグのYBCルヴァン・カップ1次リーグ最終第7節は31日、山梨県甲府市の山梨中銀スタジアムなどで6試合があり、B組のサガン鳥栖はヴァンフォーレ甲府に3-2で逆転勝ちした。通算成績は1勝2分け3敗(勝ち点5)の6位で、1次リーグを突破することはできなかった。

 B組の神戸は新潟を1-0で下し、勝ち点15として同組1位で準々決勝へ。A組は既に全試合を終えた仙台が勝ち点13の1位で8強入りした。

 今季導入されたホームアンドアウェー方式のプレーオフはFC東京-広島、C大阪-札幌の組み合わせで6月28日と7月26日に行われる。準々決勝はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場の4チームが加わ...    
<記事全文を読む>