サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦は31日、埼玉スタジアムで実施され、浦和は済州(韓国)に前半、興梠、李の2ゴールで2―0と追い付き、2戦合計2―2で延長戦に突入。延長後半で、森脇がゴールを決め、9年ぶり8強進出を決めた。

 昨年はベスト16で敗退した浦和は、1次リーグF組を2連勝スタートするなど4勝2敗、勝ち点12と1位で通過。6試合合計18得点という圧倒的な攻撃力を武器に、2年連続の決勝トーナメントに挑んでいる。

...    
<記事全文を読む>