(最終節、31日・ヤマハスタジアムほか) A組の大宮は江坂、岩上がゴールを決め磐田に2―1で勝利。伊藤新監督が初陣を飾った。

 開始早々に退場者を出した大宮は、攻守一丸となったプレーで磐田に競り勝った。

 前半9分、ロングボールに抜け出した大前が相手GKと交錯し、退場処分を受けた。

 数的不利の中でも攻めの姿勢を貫いた大宮は同39分、奥井の右クロスに走り込んだ江坂が頭で合わせて先制。後半32分に同点とされたが、試合終了間際に岩上のゴールで勝ち越した。

...    
<記事全文を読む>