サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で敗退した鹿島アントラーズは31日、昨季Jリーグ年間優勝やクラブワールドカップ(W杯)準優勝に導いた石井正忠監督(50)を解任し、大岩剛コーチ(44)の新監督就任を発表した。鹿嶋市民や、同市粟生のクラブハウスを訪れたサポーターからは驚きと落胆、新指揮官への期待の声が交錯した。石井監督と親交のある同市宮中の洋食店「ビストロ ノリーナ」の丸野陽介代表(42)は、30日にカシマスタジアムであった試合の応援に行ったばかり。解任に「まさか、びっくり。言葉がない」と落胆。同所の大判焼「かしま甘太郎」は石井監督のなじみの店で、藤城眞理子店長(70)は「ど...    
<記事全文を読む>