6月の全日本大学野球選手権で59年ぶりに日本一に輝いた立教大野球部が25日、陸前高田市で野球教室を開いた。東日本大震災の被災地出身者を含む部員25人が、かさ上げ地に整備された仮設グラウンドで約70人の中学生球児と交流した。

 地元の高田高卒業生ら10人が東北出身。ポジションごとに守備や打撃の基本を教えたり、リレー形式のベースランニングを楽しんだりした。

 2年手塚周投手(21)=福島高卒=は中学2年の時に福島県浪江町で福島第1原発事故に遭い、福島市に移った。転校先でも仲間や家族に支えられ、野球を続けた。東京六大学野球に憧れ、浪人生活も経験した。

 前日に陸前高田の沿岸部を訪れ、帰還困難区域が...    
<記事全文を読む>