高校野球の名門・報徳出身で、香川西(香川)を春夏通算5度の甲子園出場に導いた岩上昌由(まさよし)さん(41)が今春から神院大付の野球部顧問となり、夏の大会後の新チームから監督に就く。1年半前に軟式から硬式に移行した私立校で「簡単でないことは覚悟の上だが、やる以上は甲子園を目指す」と決意を語る。

 神戸市垂水区で育ち、報徳、神院大を経て、大学卒業後とともに香川西に赴任。2001年に監督に就任し、寮で選手と寝食をともにする「24時間野球漬けの日々」を送った。たたき上げて春1度、夏4度の甲子園に導いた。

 甲子園では1勝止まり。「出場回数を重ねるごとに、怖さやむなしさが募った」と明かす。14年か...    
<記事全文を読む>