札幌ドーム(札幌市豊平区)の屋根から突き出た展望台で19日、ガラスを拭く作業が行われた。

 展望台は高さ約50メートル。ドーム内のグラウンドと屋外の眺望を両方楽しめる。円筒状のガラス部分の総面積は約250平方メートルで、毎年春と秋の2回、清掃している。上空からドローンで近づくと移動式の足場を使い命綱を付けた6人が慎重に作業をする様子が見えた。

...    
<記事全文を読む>