青森県弘前市のはるか夢球場で開催中の「第6回東アジアカップ女子ソフトボール大会」で、市内の小学生が日本以外の三つの国・地域を応援する「一校一国サポート」運動が展開されている。19日は、堀越小と豊田小の約300人の児童がスタンドから「中国-チャイニーズタイペイ(台湾)」を観戦し、両チームに中国語で熱い声援を送った。

...    
<記事全文を読む>