第88回都市対抗野球大会(7月14日から12日間・東京ドーム)の組み合わせ抽選会が16日、東京都内で行われた。東海第6代表で4年連続36度目出場の西濃運輸(大垣市)の1回戦は、第6日の19日第3試合(午後6時開始予定)で、2年連続17度目出場の新日鉄住金鹿島(鹿嶋市、北関東第1代表)と対戦することが決まった。

 昨年3位の西濃運輸は、3年ぶりの優勝を目指す。林教雄監督は「(新日鉄住金鹿島とは)最近はゲームをしたことがなく分からないが、どこが相手でもうちの野球をやるだけ」と淡々と話した。

 西濃運輸は東海理化から2年連続で井貝星良(県岐阜商高出)と斎藤導久を補強。30日から練習に合流すること...    
<記事全文を読む>