都市対抗野球2次予選東北大会最終日の13日、秋田市のこまちスタジアムで第2代表決定戦決勝があり、きらやか銀行(山形市)がTDK(にかほ市)を3-0で下し、2年連続2度目の全国大会出場を決めた。

 きらやか銀行は主戦小島が7安打完封。打線も四回に日山の適時打で先制し、その後も着実に得点を重ねて援護した。

 全国大会は7月14日から東京ドームで行われ、東北からは第1代表の日本製紙石巻(石巻市)も出場する。

 ▽第2代表決定戦決勝TDK(にかほ市)   000000000=0   00010101×=3きらやか銀行(山形市)(勝)小島(敗)秋山◎投打かみ合う きらやか銀行の投打がかみ合った。四回1...    
<記事全文を読む>