【東京=宮村恵介、椛沢基史、大橋周平】第66回全日本大学野球選手権の準決勝が10日、東京・神宮球場で行われ、群馬県の上武大(関甲新)は国際武道大(千葉)に延長十回タイブレークの末、2―3で惜敗した。

 「最後まで頑張った」「次こそ優勝だ」―。スタンドに詰め掛けた応援団は最後まで声を張り上げ、選手の奮闘に惜しみない拍手を送った。

...    
<記事全文を読む>