社会人野球の都市対抗北信越大会(2次予選)は10日、ハードオフ・エコスタジアムで準決勝2試合を行った。県勢はバイタルネットが富山クラブに2-6で敗れ、準決勝敗退。3年ぶりの本大会出場はならなかった。

 バイタルは二回、四球からの長短4連打に失策も重なり、大量5失点。続く三回にもソロ本塁打を浴びて追加点を許した。打線は8安打を放つもつながりを欠き、五、八回に1点ずつを返したが好機にあと一本が出なかった。

 伏木海陸運送(富山)は信越クラブ(長野)を3-0で下し、決勝に進んだ。

 決勝は11日、同所で行う。

...    
<記事全文を読む>