全日本大学野球選手権第3日は7日、神宮球場などで2回戦6試合が行われ、岡山商大(中国)は打線がつながりを欠いて、初出場で国立大の和歌山大(近畿)に1―4で敗れた。中国勢は姿を消した。51年ぶり出場の立大(東京六大学)などが準々決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>