社会人野球の第88回都市対抗大会四国予選最終日は4日、四国Cスタ丸亀で決勝を行い、四国銀行(高知市)はJR四国(高松市)に1―8で敗れ、連年の全国大会(7月14日開幕・東京ドーム)を逃した。JR四国は2年ぶり10回目の優勝。

  四国銀行は初回、菊池高が左翼席にソロ本塁打を放って1点先制。さらに二回は2死一、三塁、三回は長打と四球などで2死満塁と攻めたが、ともにあと一本が出ない。結局、9安打を放ったものの1得点のみだった。

...    
<記事全文を読む>