第88回都市対抗野球大会東海2次予選第15日は4日、岡崎市民で行われ、第3代表決定戦の西濃運輸(大垣市)は7-8で新日鉄住金東海REX(東海市)に敗れ、第5代表決定戦に回った。

 西濃運輸は初回、1死満塁から阪本一成の犠飛で幸先良く先制。しかし、先発・堀田晃が二回に捕まり6失点。粘り強く得点し、六回に1点差まで詰め寄ったが、七回以降は毎回得点圏に走者を進めながら、あと一本が出なかった。

 西濃運輸は第17日の6日、第2試合(午後1時開始)の第5代表決定戦で、第16日の5日の第4代表決定戦・ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)-三菱重工名古屋(名古屋市)の敗者と対戦する。

...    
<記事全文を読む>