4日から7日間、阿南市内で合宿を行う中国プロ野球リーグの強豪・天津ライオンズが3日、同市に到着した。住民たちはお接待や阿波踊りなどで「野球のまち」への訪問を歓迎した。

 同市那賀川町の「89番野球寺」では、市内の60歳以上の女性らでつくるチアリーディングチーム「ABO60」など6団体の計約30人が出迎えた。「熱烈歓迎中国野球天津ライオンズ」と書いた看板を掲げ、大型バスで到着した監督、コーチ、選手計36人を出迎えた。寺のシンボルとなるモニュメント前では全員と記念写真を撮り、一緒に必勝祈願も行った。

 7日間宿泊する同市富岡町のホテルサンオーシャンでは地元連が躍動感あふれる踊りを披露。岩浅嘉仁...    
<記事全文を読む>