プロ野球ウエスタン・リーグの阪神―中日10回戦が6月3日、高知県安芸市の安芸球場で行われ、中日が3―2で逆転勝ちした。入場者は1340人(主催者発表)だった。

 中日は1―2とリードされた九回2死から、5番手メンデスを攻め、3連打で同点とすると、その後の暴投で逆転に成功。最終回は浅尾が3人で締めた。

 阪神はファームで調整中の藤浪が先発し、5回を2安打、1失点と上々のピッチングを見せた。

...    
<記事全文を読む>