軟式野球の高円宮賜杯第37回全日本学童大会マクドナルドトーナメント県予選(県野球協会主催、岩手日報社など後援)は3日開幕し、大船渡市、釜石市の沿岸4会場で1回戦16試合を行った。「小学生の甲子園」と呼ばれる全国大会への切符を懸け、予選を勝ち上がった32チームが熱い戦いを繰り広げた。

 初戦から互いに譲らず、特別延長に突入する白熱の一戦も。最後まで諦めずに白球を追う選手たちに、応援席から大きな声援が響いた。

 4日は2回戦と準々決勝、最終日の10日は準決勝と決勝を行う。優勝チームが出場する全国大会は東京・神宮球場をメイン会場に8月10日に開幕する。

...    
<記事全文を読む>