第66回全日本大学野球選手権は5日に東京ドームなどで開幕し、関甲新リーグ王者の上武大(群馬)は2回戦から登場する。

 初戦は大会第2日の神宮球場第3試合(6日午後2時開始予定)で、東農大北海道オホーツク(北海道)と福井工大(北陸)の勝者とぶつかる。4季連続全国ベスト4の主力を軸に、目指すは2013年以来2度目の日本一。栄冠へ、スローガンの「全員野球」で突き進む。

...    
<記事全文を読む>