仙台六大学野球春季リーグは福祉大が2季ぶり68度目の優勝を飾って5月30日、閉幕した。10勝2敗と東北工大と仙台大に黒星を喫したが、層の厚い投打が勝負どころで力強さを発揮して王座奪還を果たした。

 チーム打率は2割8分2厘、打点が55でともにリーグトップ。本塁打は中野の1本にとどまったが、単打でつないで得点を重ねた。主砲楠本がシャープな打撃で首位打者(4割1分5厘)を獲得し、長打力のある寺田がリーグ最多の11打点をマーク。キーマンが力を発揮した。

 投手陣は下級生の活躍が目立った。1年生の左腕山野は4勝を挙げ、防御率もリーグ首位の0.29。2年生の津森は4勝。右横手からの切れのある変化球で...    
<記事全文を読む>