ルートインBCリーグは25日、ハードオフ・エコスタジアムで新潟アルビレックスBC-巨人3軍を行い、新潟は5-3で後期初勝利を挙げた。後期の通算成績は1勝1分け1敗。

 新潟は三回までに4点のリードを奪い、相手の追い上げを振り切った。

 攻撃は初回、1番宮沢と楠本の連続長打とボークで2点を先制。二回も敵失に乗じて1点を加えると、三回は樋口の2号2ランでさらにリードを広げた。

 先発中西は6回を5安打3失点と粘投。救援陣は知念、長田、渡辺雄が無失点リレーで逃げ切った。

 巨人は高橋洸(日本文理高出)が7番左翼手で先発し、無安打に終わった。高井俊(見附市出身)は中継ぎで七回に登板し、1回を1安打無失...    
<記事全文を読む>