プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは24日、各地で5試合を行った。西地区の信濃グランセローズは長野市の長野オリンピックスタジアムで東地区の群馬ダイヤモンドペガサスと後期開幕戦を行い、1―2で敗れた。信濃は後期2年連続の黒星発進となった。

 信濃は一回、単打と犠打、四球などで2死一、二塁とすると、森田の右前適時打で先制した。三回、失策絡みの走者をかえされ同点に追い付かれると、四回は3長短打で勝ち越された。五回以降は先発樫尾が2安打しか許さず、追加点を与えなかった。打線は五回に1死一、二塁、六回には2死満塁の好機をつくったが、生かせなかった。

 信濃は25日、富山市の富山県営球場で西地区...    
<記事全文を読む>