プロ野球の独立リーグ「ルートインBCリーグ」への参戦を目指す茨城県民球団設立準備室は12日、県庁で記者会見を開き、チーム名を「茨城アストロプラネッツ」とすると発表した。参入時期については、当初目標としていた18年シーズンを断念し、19年の参入を目指す方針を示した。名称は約150件寄せられた応募の中から決定。本県には宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターなどがあることから、宇宙を連想するアストロ(天体)とプラネット(惑星)を組み合わせた。チームカラーは、筑波山が紫峰と呼ばれることや、県の木がウメであることから梅紫とした。球団ロゴ、マスコットは7月15日まで募集している。同リーグは...    
<記事全文を読む>