プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズ(西地区首位)は11日、砺波市野球場で石川ミリオンスターズ(同最下位)に8-6で競り勝った。3連勝で通算成績は21勝12敗。西地区2位の信濃グランセローズが敗れたため、富山に前期優勝マジック2が点灯した。

 富山は0-2の四回、沢田の適時打、ペゲロの2ランなどで4点を挙げ逆転。4-5で迎えた六回は、河本の適時三塁打と暴投で再逆転した。6-6の七回にも河本が2点適時二塁打を放ち、勝ち越した。

 先発右腕の米山は初回に二つの押し出し四球で2点を失うなど、4回1/3を4失点。2番手の後藤も1回2/3を2失点と、ピリッとしなかった。八回はマバ...    
<記事全文を読む>