野球の独立リーグ、ルートインBCリーグで東地区首位の群馬ダイヤモンドペガサスは10日、福島・あいづ球場で同4位の福島と戦い、7―4で勝利した。前期地区優勝へのマジックは一つ減って1。優勝の可能性もあったが、新潟―栃木戦が雨天中止となったため持ち越しとなった。次戦は11日午後1時から、高崎城南球場で同地区2位の新潟と顔を合わせ、引き分けか勝てば、優勝が決まる。

...    
<記事全文を読む>