プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは9日、各地で2試合を行い、西地区2位の富山サンダーバーズは東地区首位の群馬ダイヤモンドペガサスに16―5で勝った。試合がなかった西地区首位の信濃グランセローズの前期優勝へのマジックは4で変わらず、信濃と富山の差は0・5に詰まった。

 信濃は10日は福井県越前市の丹南総合公園野球場で、11日は中野市営球場でともに午後1時から西地区3位の福井ミラクルエレファンツと対戦する。信濃の10日の予告先発はロン。

...    
<記事全文を読む>