野球の独立リーグ、ルートインBCリーグで東地区首位の群馬ダイヤモンドペガサスは9日、高崎城南球場で西地区2位の富山と対戦し、5―16で大敗した。前期地区優勝へのマジックは対象チームだった福島が新潟に敗れたため、一つ減って2。次戦は10日午後1時から福島・あいづ球場で福島と対戦する。ペガサスが勝ち、地区2位に浮上した新潟が敗れ、武蔵が引き分けるか負けた場合、優勝が決まる。   ◆群馬-富山1回戦(9日・富山1勝、13時、高崎城南、386人)  富山GRNサンダーバーズ   101 202 082―16   001 004 000―5  群馬ダイヤモンドペガサス ▽勝 小柳10試合5勝1敗...    
<記事全文を読む>