野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は8日、前橋市民球場で東地区首位の群馬と対戦、9-7で競り勝った。6試合ぶりの白星で通算成績は6勝22敗。

 栃木GBは3点を追う五回、八木健史(やぎたけし)と橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)の適時打で同点にした後、捕逸で逆転に成功。その裏に同点とされたが、八回に暴投と敵失に乗じて2点を勝ち越して逃げ切った。

...    
<記事全文を読む>