「おまえはトレーニングと経験を積めば、NPB(セ・パ両リーグ)に行ける人材だ」。前所属チームTOKYOMETSの総監督で、千葉ロッテの2軍監督などを歴任した古賀英彦氏の言葉を胸に、この6月からBCリーグに挑戦している。

 沖縄県出身。小学5年の時に少年野球チームに入った。当初はサッカーをやるつもりだったが、「甲子園で活躍する八重山商工高(沖縄)の大嶺(祐太、現千葉ロッテ)さんを見て、気持ちが変わった」と野球を選んだ。

 持ち味は足の速さとパンチ力のある打撃だ。「レギュラー争いに割り込んでいかないと、NPBにはいけない。日々努力するだけです」。野球だけに集中できる環境を満喫している。180セ...    
<記事全文を読む>