野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、小山運動公園野球場で首位の群馬と対戦し、3-6で敗れた。4連敗で通算成績は5勝21敗。

 栃木GBは先発のウーゴが初回に2者連続本塁打を浴びるなど苦しい立ち上がり。4点を追う四回に野選と大嶋達也(おおしまたつや)の中前適時打で2点を返したが、五回にウーゴが群馬のカラバイヨにこの日2本目の本塁打を打たれ、七回もカラバイヨの適時二塁打で追加点を献上。打線は八回に八木健史(やぎたけし)の左前適時打で3点目を奪ったが、反撃もそこまでだった。

 栃木GBは4日午後1時から、福島県の郡山市営開成山野球場で福島と対戦する。 <記事全文を読む>