プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグは2日、各地で4試合を行った。西地区2位の信濃グランセローズは長野市の長野県営球場で同首位の富山サンダーバーズと対戦し、7―4で勝った。信濃は6連勝で、通算14勝11敗。富山との差を2・5に詰めた。前期は残り10試合。

 信濃は四回、1死一塁から新村が右越えに本塁打を放って先制。五回には4短打に敵失や暴投が絡んで4得点を挙げた。六回、先発高井が2死一、二塁から本塁打を浴び、2点差に迫られた。七回、2死三塁から柴田の中前適時打で貴重な追加点を挙げた。

 先発高井は六回途中で降板したが、先生、山崎の継投で逃げ切った。

 信濃は3日午後1時から、松本市野球場...    
<記事全文を読む>