栗山監督は29日、来月1日の2軍戦西武戦(千葉・鎌ケ谷)に大谷を登板させることを明らかにした。大谷が公式戦で登板するのは、昨年10月22日の日本シリーズ第1戦以来。大谷は「やってきたことを確認したい」と約8カ月ぶりの登板について抱負を語った。

 大谷は29日、ブルペンに入り投球練習。全体練習後、球場を後にし、福岡から千葉県鎌ケ谷市へ向かった。30日、同市の2軍施設で練習し、1日の登板に備える。1日は先発し、投げる回数は未定だが、短い回数となる見込み。

 大谷は復帰2戦目の28日、代打で復帰後初の適時打を放った。栗山監督は「ブルペンでは155キロ以上出ていた」と話し、投手としての調整も進め、...    
<記事全文を読む>