プロ野球北海道日本ハムと親会社の日本ハム本社(大阪)は29日、検討を進めている新球場構想のイメージ図を公表した。選手のプレーしやすさを優先したスタジアムを中心に、周辺に宿泊施設や商業施設、キャンプ場などが描かれており、「アジアナンバーワンのボールパークを目指す」としている。新球場の形状や設置する周辺施設は固まっておらず、引き続き検討する。◇ 栗山英樹監督は「今日に至るまで色々なことがあったと思いますが、壮大な夢の実現に向けて大きな一歩の前進をこの上なくうれしく思っております。構想実現にはこれからも様々な挑戦や既成概念の枠を超えていかなければならないでしょうが、どうかファン・道民の皆様も...    
<記事全文を読む>