不振だった1番島内が決勝2ラン。同点にされた直後の三回、1死一塁から外角高めの変化球を左翼席に運んだ。「一本出て良かった」と心底ほっとした表情だ。

 負傷の茂木に代わり1番に座って5試合で20打数2安打。「あまりに打てず精神的にやられている。試合に出たくないほど」と悩んだが、移動で1日空き体を休められたという。「今日は珍しく振れ過ぎるぐらい振れていた。逆方向を狙うくらいでちょうどいい」と打席に入り本塁打につなげた。

 三沢市に住む伯母らも応援に駆けつけた試合。「(不振と)打順は関係ない。もう少しスイングに切れが出てくれば…」と、きっかけをつかんだ様子だ。

...    
<記事全文を読む>