◇ヤクルト4-2巨人 ヤクルトが連敗を3で止めた。一回に山田の2戦連発の10号ソロで先制。四回に藤井の2点打と西田の適時打で3点を加えた。星は6回2失点で1カ月ぶりの3勝目。九回は秋吉がしのいで10セーブ目。巨人は打線が決め手を欠いた。

 最後まで頼ったのは生命線の直球。力で押すスタイルを貫き、ヤクルトのルーキー星が5月28日以来、1カ月ぶりとなる3勝目を手にした。「右も左も大胆に内角をつけた。チームが勝てたことが一番うれしい」。チームの連敗を3で止め、表情を緩めた。

 ずるずると崩れてもおかしくない場面だった。4-0の六回。2死一、二塁でマギーを内角高めの直球で詰まらせた。力ない打球は二塁...    
<記事全文を読む>