逆転しても投手陣が踏ん張れず、突き放す好機では打線にあと1本が出ない。どうにも投打の歯車がかみ合わず、大谷の復帰後初タイムリーも勝利にはつながらなかった。

 1点を追う五回2死一、二塁の好機。栗山監督は早くも最上のカードを投入した。打率1割台の石井一に代えて「代打・大谷」。球場が沸く中、2試合連続の代打で登場した大谷はゆっくりと打席へ入った。

 しつこく内角を攻められ、3球で追い込まれたがファウルで粘り8球目。内角のやや甘い球を逃さず捉えた。詰まりながらも左前に落ちて同点。復帰後初安打が適時打となり、「昨日は打てなかったので、ヒットにできて良かった」と、ベンチで笑みを浮かべた。
...    
<記事全文を読む>