セ・リーグ公式戦ヤクルト―巨人戦は、福島県福島市のあづま球場で28日行われ、ヤクルトが4―2で勝利した。

 伊達リトルリーグの渡辺泰綺君(13)=松陽中1年=が始球式の大役を務めた。強く腕を振って投げた1球は高めに抜けてしまったが、「プロの選手はとても大きかった。一生の思い出になった」と目を輝かせた。

...    
<記事全文を読む>