東北楽天は28日、弘前市運動公園野球場で、オリックスと対戦する。東北楽天の1軍公式戦は青森県では初めてで、球団創設13年目で東北6県全てで1軍公式戦が実現する。プロ野球としても、29年ぶりの青森県での1軍公式戦となる。

 東北楽天は27日、仙台市のコボパ宮城で先発投手陣が軽めの練習を行い、その後、チーム全体で弘前市に移動した。

 先発予定の辛島は6日のDeNA戦(山形)以来の登板。「リフレッシュできた」と話し、好投を誓った。バッテリーを組むのは、青森県平内町出身のベテラン細川となる見込み。故郷で好リードが期待される。

 始球式は、青森・三沢高のエースとして1969年夏の甲子園大会で準優勝し、...    
<記事全文を読む>