交流戦が終わり、東北楽天はパ・リーグのチームとの戦いを再開しました。交流戦での貯金は二つでしたが、巨人の菅野智之投手を打ち崩した初戦、則本昂大投手が達成したプロ野球新記録の8試合連続2桁奪三振や藤平尚真投手のデビュー戦好投など、印象的なシーンが多くありました。

 そして、もう一つの楽しみが、セ・リーグの球団から移籍してきた選手の活躍です。セ・リーグの球団と対戦できる年に一度のチャンス。育ててもらった恩を返すために、何としても活躍する姿を見せたいところでしょう。

 今月7日のDeNA戦では、福山博之投手が古巣相手に登板。ゴロを持ち前の身体能力で見事にさばき、1回を三者凡退に抑えました。翌日の...    
<記事全文を読む>