東北楽天が土壇場で追い付き、延長十二回、4-4で引き分けた。

 2-4の九回2死一、三塁から暴投による振り逃げで1点差とし、代打松井稼の左前適時打で同点とした。0-2の六回にも2死二、三塁から銀次が右前に同点の2点打を放つ粘りを見せた。先発則本はT-岡田に先制2ランを浴びるなど8回4失点。

 オリックスは九回に抑えの4番手平野が崩れ、逃げ切れなかった。

 東北楽天-オリックス9回戦(東北楽天7勝1敗1分け、18時1分、Koboパーク宮城、24,931人)オリックス000200200000=4東北楽天 000002002000=4(延長12回裏終了、規定により引き分け)(本)T―岡田17号(2...    
<記事全文を読む>